ダイハツタント値引き|タントを一番安く買う

ダイハツタントを超得して買うには

タント1

 

 

新車を安く買いたいなら、買う時期も大切です。

 

 

タントを賢く手に入れる時期は、決算の時期と年末年始なんです。3月(本決算期)と9月(半期決算期)そして夏と年末のボーナス時期です。この時期各ディラーは大々的にキャンペーンを打ってきます。

 

 

このキャンペーン時期に合わせて「ダイハツタント」を買うのが一番です。キャンペーンの時期は販売店もなりふり構わず販売台数をあげようと必死です。買う方にとっては大幅値引きを勝ち取る大チャンスと言えます。

 

 

では、具体的にどうしたら本当に大幅値引きを勝ち取って買うことが出来るのか?

 

 

それには4つの方法があります。

 

 

@ライバル車の存在です。「ダイハツタント」が人気車だとしても、ライバル車を意識しないわけには行きません。

 

 

その強力なライバル車の筆頭が、軽自動車販売台数bPを突っ走る「ホンダ NBOX」です。

 

 

そこで、本命が「ダイハツタント」だとしても何が何でも「ダイハツタント」が欲しいと相手に思わせず、「NBOX」とどちらにするか迷っている体でこちらが主導権を取ります。

 

 

実際に「ホンダの販売店」に足を運んで交渉してみて、ある程度の価格の感触を掴んでいることも必要でしょう。

 

 

A次は「ダイハツの販売店」同士を競争させる作戦です。同じ「タント」同士で値引き額やサービスなどを競争させる手です。

 

同じ系列の販売店同士であっても、熾烈な競争をしています。他の店より1台でも多く実績を残して成績を上げたいと思っています。そこを逆手に取って交渉してみるのです。そこは貴方の腕の見せ所、口八丁でも手八丁でも使って頑張ってみてください。

 

 

BAで出た条件を、また違う「ダイハツ販売店」に持って行って交渉する作戦です。これを何回か繰り返すと究極の値引き額が出るでしょう。しかし、こちらは心情的に気が進まない方は程々に!

 

 

C下取り車を高く買い取ってもらい、新車本体値引き+オプション値引き+下取り額=実質値引き額を目標値に持っていく。ここで一番の注目は「下取り車の買取価格」です。

 

 

最初にディーラーの販売店を訪問して、「新車に買い替えをしたいので下取り車を査定してください」などと言うと決して高い査定額は出てきません。この場面では「タント」を買いたいので相談したい」と持ちかけるのがベターです。

 

 

つまり、現在「車を持っている」ことは伏せておくべきなのです。

 

 

なぜなら、通常は新車の値引き交渉から入り、次にオプションの値引き交渉、最後に愛車の下取り価格とお思いでしょうが、実はそうは行きません。貴方が愛車「の買取相場を知らない」とわかったら、販売店の担当は「タントは現在人気車となっているので、あまり値引きができないんです」なので「下取り額で頑張ってみますネ!」

 

 

などと、実際は下取り額もたいして高くはないのに「値引きと下取り額を合算」した数字を持ってきて、「トータル値引きはこれでいかがでしょうか?」と得意満面で告げます。

 

 

仮に本体・オプション値引きで約15万円+下取り10万円=25万円と言ってきて、「なるほどトータル25万円値引きか〜」そして「まあ、そこそこかな?]と思って通常は納得してしまいます。

 

 

これがディーラーの作戦なのです。出来るだけ値引きを抑えるのと、下取り車を安く買い取る策なのです。この手に貴方が乗ってしまっては、後で大損したことを悔いてしまう結果になるのです。

 

 

なぜなら、貴方が無料の「車買取一括査定」で実際に愛車の査定をしてもらうと「なーるほど」と納得できるでしょう。おそらくディーラーの買取額(下取り額)より数倍は高い値段がつくはずです。
この時点でディーラーの10万円の買取額が20万円〜30万円になっていて、そのまま「下取りに出していたら大損するところだった」と言うことになったでしょう。

 

4つの秘訣マトメと実際の交渉

tanto5

 

 

■究極の格安車購入4つの秘訣マトメ

 

@最初はライバル車「ホンダ NBOX」を対抗車種として交渉する方法。

 

Aダイハツの他の販売店同士を戦わせ、値引きやサービスで競争させる方法。

 

BAで出た条件をまた他の販売店で提示して更に条件アップを狙う方法。

 

C「一括査定サイト」を利用して下取り車をより高値で売る方法
⇒最重要かんたん車査定ガイド(無料)

 

 

☆この4つの方法を駆使して「ダイハツタント」を超割安に入手して下さい。

 

 

さて、今述べた「究極の格安車購入4つの秘訣」を実践し、販売店と交渉のテーブルに付きます。

 

 

「車買取一括査定」を利用して、自分の愛車の下取り価格相場がわかったなら、ここで新車の値引き交渉次にオプションの値引き交渉、最後に下取り車の価格交渉をします。

 

 

販売店担当者は値引きと下取り額を合算して提示したがりますが、ここは別々に出してもらいます。自分は下取り価格はしっかり最高値も把握していますから、余裕を持って交渉に望めます。

 

 

もし、自分の把握している価格より安い場合は、他の車買取店で「○○万円で買い取ってくれる」旨の話をし、それでも
価格がそれより安かったら迷いなく下取りには出さないで、その把握している価格を提示してくれた「一括査定の買取業者」に売却します。

 

 

ディーラーが高く買く取ってくれるならそれに越した事はありませんので、即下取り決定です。
キャンペーン中は、1台でも多く売り実績を出したいはずです。そこで、最後の値引き交渉(バックモニターなど装備品のサービスも含めた)も有効です。

 

 

>>>かんたん車査定ガイド(無料)

 

「車買取一括査定」のメリットとデメリット

tanto3

 

「一括査定サイト」は「メリット」のほうが多いのですが、「デメリット」もあります。
下記をご覧になり、しっかりご理解の上利用して下さい。

「一括査定サイト」のメリット
愛車の買取相場がスグわかる。
下取りと一括査定の比較例がわかる。
複数優良業者の査定で実績があるので安心できる。
下取り車の買取価格を上げることが出来る。
入力が1分と簡単に出来る。
売却相場を知って余裕を持ってディーラーと交渉できる。

 

かんたん車査定ガイドは無料で、連絡先と愛車情報を入力すれば愛車の買取相場がスグわかります。

 

☆全国の業者の中から、厳選された複数の車一括買取業者が買い取り価格を競い合うので、当然高い価格が出る訳です。

 

 

「一括査定サイト」のデメリット

 

■一括査定に申し込むと、間もなく5〜6店からメールや電話が来ます。

 

電話が不得意な方にとっては、大きなストレスとなります。

 

対処法は、カーセンサー.net簡単ネット査定(無料)ならメールだけでも対応可能です。

 

 

愛車の買取相場を調べるならココをクリック↓↓↓

 

かんたん車査定ガイド(無料)