プリウスphv購入補助金やエコカー減税はいくら?

新型プリウスphvの電気料金、補助金、エコカー減税はいくらか?

phev3

 

プリウスPHV(プラグインハイブリッド車)はEV(充電電力
使用時走行)とHV(ハイブリッド走行)の二通りの走行ができ
ます。

 

 

つまり、家庭用の電気充電でもガソリンでも走ることが出来
るとても便利な世界でも注目のエコカーという訳です。

 

 

ガソリンを節約し、環境にも優しいエコカーですが、気にな
るのはその電気代や購入補助金、そしてエコカー減税など
新型プリウスphvを購入するメリットはどこにあるの?
と疑問に思っている貴方にお答えいたします。

 

 

EV(充電電力走行)は2時間20分の充電で68.2Km
走行可能です。充電がなくなってもHV(ハイブリッド走行)
に自動切り替えができるので安心です。

 

 

ハイブリッドのガソリンは37.2km/L可能となっている
ので、ガソリン走行もかなりの節約になります。

 

 

現行型のプリウスの電気料金は毎日充電して4,000円
程度と使用者の口コミで判明しました。

 

 

これは電力基本料金も含まれている料金だということです。
では、phvにした場合の料金は計算すると約5,200円程
になりそうです。

 

 

この料金に家庭の従来の電気料金を加算したものが月々
の電気料金ということになります。ちなみに私の場合は現時
点では12,000円位になりそうです。

 

 

では、EV走行とガソリン走行の差は60Kmでガソリン代
120円/Lで計算すると約80円EV料金が安くなります。
これは6万キロ走行してやっと8万円節約できる程度です。

 

 

そして新車価格もプリウスより「プリウスphv」の
ほうが30万円高いので、そんなに走らない方にはトータル
であまり節約にはなりません。では、他にメリットは無いかと
いうと、あります。

 

 

それは、phvはルーフトップにバッテリー充電用のソーラー
パネルが装着されているので、電気代の節約になりますし、
エコカー減税や自動車取得税、自動車税などの合計で
34万2,600円が減税になります。

 

 

また、エコカー減税の期間が下記の通り2年延長されました。
新型プリウスphv」を購入予定の方は、優遇期間を利用
するべきです。

 

 

自動車取得税⇒2019年3月31日まで。
自動車重量税⇒2019年4月30日までに新規登録が必要。

 

また、消費税も2019年10月から10%なので、こちらも上がる前の
今が「購入のベストタイミング」と言えそうです。

 

 

phev2

 

車の買換えで、「新型プリウスphv」に買い替え
たいなら、損をしない車買い替えの方法をレクチャーし
ます。

 

 

新型プリウスphvの購入では、人気車種なので値引きは
あまり期待できません。しかし、実質値引きに匹敵するお得
な新車購入法があります。

 

 

しかし、これには条件があって下取り車がある場合、
新型プリウスphv」の購入時に下取り車があることは
購入先相手には絶対に伏せておいて
ください。

 

 

なぜなら新車値引き交渉の時、下取り車があると「人気車種
なので値引きは厳しいです。ですから、下取り車の方で調整
しますネ!」などと「ディーラー」にうまく安く買いたたかれて
しまう
ケースが多いからです。

 

 

結論から申し上げると、ディーラーに下取りに出すより
ココ⇒
カーセンサー.net簡単ネット査定に車買取の申し込み
で「ディーラー」の下取価格よりかなり高く買い取ってくれる
ことは、私も何度も経験していますが試しに申込んでみても
分かります。

 

 

また、「カーセンサー.net簡単ネット査定」は申込み方法に
よって、申し込んでも電話がかかってこないやり方があり
ます。

 

 

そのやり方は、申込画面の連絡可能時間帯の空欄に「メール
のみで連絡希望」
と入力するとOKです。これで、あの煩わ
しい電話がかかってこないで、メールで全て完結します
電話が苦手な方には取って置きの方法です。

 

 

申し込みは無料です。
ここに申し込むと、自分の愛車がいくら位で売れるか、おお
よその相場が分かります。

 

 

ですから、ディーラーの買取価格を聞いて高いか安いかの判
断が出来ます。

 

 

申し込んだからと言って必ず売らなければならないことは
ありません。
申し込んだ後、気が向かなかったらキャン
セルしても問題ありません。

 


outlander2