レヴォーグ値引き|レヴォーグを一番安く買う

レヴォーグを賢く買うには

zubat1

 

「スバルレヴォーグ」は「スバルで」と言うより、日本のツーリングワゴンの中で長期に渡りもっとも人気のあった「レガシィツーリングワゴン」の後継車として、2014年6月20日に発売された新型プレミアム「スポーツワゴン」です。

 

 

「レガシィツーリングワゴン」はあの名車「ポルシェ」と同じ「ボクサーエンジン」(水平対向エンジン)を心臓に持つ車として発売当初から完成度の高いワゴン車として広く海外からも評価を博していました。

 

 

その遺伝子を受け継ぎ、更に「スバル(富士重工業)」が世界を「あっ!」と言わせたセイフティードライブの救世主的「アイサイト」を搭載した「レヴォーグ」ですから、スポーツワゴンファンにとっては大きな期待と夢を持って発売日を待っていたことでしょう。

 

 

そんな日本が誇る素晴らしいスポーツワゴンの「レヴォーグ」ですが、発売から3年半が過ぎ昨年8月にマイナーチェンジしたD型が発売されましたが、1.6Lと2.0Lの選択肢があり比較的買いやすくなっている今が絶好の買い時でしょう。

 

 

「レボーグ」の現在の値引き相場平均は車両本体・オプション合わせて約35万円ほどです。これで満足なら仕方ありませんが、もう少し粘って45万円〜50万円に挑戦してみませんか?

 

 

車両本体値引き25万円+オプション値引き20万円はそんなに難しい交渉ではないでしょう。

 

 

やり方は、現在「レヴォーグ」の競合車らしいライバルは見当たりません、なので、同じスバルの販売店同士を競争させて交渉する作戦です。

 

 

この1月〜3月決算商戦でどこの販売店でも点数を稼ぎたいのは山々なのです。そこで、ディーラーの数店舗を回り交渉するのです。

 

 

こうして何店舗かを回ってみると「気の合う担当者」に巡り会うことがあります。「今月はキャンペーンなので得(特)値を出します」「他の販売店には内緒ですよ!」などと大幅値引きを持ちかけてくれる担当がいるはずです。

 

 

しかし、それも必ず巡り会うという確約はできません。

 

 

ところが、確実に実質70万円〜うまくすると、何と、100万円の大台値引きも引き出せる秘訣があります。

実質70万円〜100万円値引きを引き出す秘訣とは?

zubat1

 

それは、ズバリ貴方の愛車を下取りで高く買い取ってもらうことです!

 

 

初めに「スバルの販売店」を訪問した時、車の買い替えで「下取り車」の見積もりを依頼すると、「販売店」側は新車の値引きと下取り車の買取額を差し引きして合算した「値引き額」を提示しようとします。

 

 

これが、ディーラー側の営業テクニックです。後で説明しますが、ここでの実質「下取り車のディーラー買取額」は決して高いものではありません。

 

 

買い換えたい新車の値引き額と、下取り車の買取額を別々に提示要求すると明らかに嫌がります。

 

 

そこで、コチラ側の作戦として「前もって愛車の買取相場を調べる」ことが値引き交渉時の大きな武器になります。

 

 

車の買取相場は「車買取専門」の「車買取一括査定サイト」を利用するのが最も賢い方法です。

 

 

愛車の買取相場はコチラをクリック ↓↓↓(無料)

 

kantan1

 

 

このサイトは全国有数の車買取専門業者の中から見積り依頼者に最適な「厳選10社が買取額を競い合う」ので、間違いなく高額査定が出ます。

 

 

※もし、交渉の結果「スバルの販売店」が貴方の愛車の下取り額で「一括査定」の業者よりやすかった場合は、高く買い取ってくれる業者に売却します。あとは本体+オプションの値引き交渉に集中してください。

ディーラー側の営業テクニックとは?

zubat1

 

前のページに最初にディーラーの「販売店」を訪問してそのまま「下取り」の依頼をすると、その買取額は決して「高いものではない」と申し上げましたが、高くないどころかとても安く買い取られるのがオチです。

 

 

その理由は、ディーラーは下取りした中古車を高く転売するルートが少ないのと、オークションでも買取業者に「あまり信頼してもらえない」というネックがあるためです。つまり、中古車売却の選択肢が少ないということです。

 

 

しかし、ディーラー側は新車買い換えのユーザーは大歓迎で、下取り車があると値引きと絡ませて値引き額をうやむやにできるので新車を売りやすいのです。

 

 

なので、賢いユーザーの貴方は相手の「その手」に乗ってはダメです。

 

 

車買い替えの時は、最初は「下取り車の存在」は伏せておきます。そして、販売店を訪問する前に「下取り車」つまり、貴方の「愛車の買取相場」を詳しく調べておく必要があります。

 

 

そして、ディーラーの販売店に行ってまず、新車の「車両本体」の値引き交渉(オプション無し状態)から入ります。ここで、値引き額をハッキリさせてから次に「オプション」の値引き交渉をします。

 

 

そして、最後に「下取り車が有る」ことを明かし、愛車の買取交渉に入ります。貴方はすでに「愛車の買取相場」を熟知していますから、落ち着いて交渉のテーブルに付くことが出来るでしょう。この順序は相手側にとっては「非常に嫌な客」と思われるでしょうが、逆に相手も降参して裸になるでしょう。それが狙いめなのです!

 

 

愛車の買取相場調べはコチラをクリック↓↓↓

 

kantan1